授業レポート★ファッション学科パターン授業【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)】

ファッション学部 最新情報・ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.06.15東京

こんにちは!

今日は2年生ファッション科の『パターン』の授業風景をレポートします。

パターンとは、洋服の製図、パーツの型紙のこと。

デザインした洋服を立体的にするために大事な技術です。

今日の課題は『シャツワンピース』。

まずは、先生の説明をしっかり聞き...

 


実際の動きも見て勉強します。

座学だけでなく、こういった動きを近くで見ることで、より理解力が高まります。

 

 

一通り教えてもらった後に、個人個人で製作します。

分からない時は、積極的に講師へ質問したり、学生同士で助け合っていきます。

 

 

 

授業はパーツ毎に進んでいきます。

中でも、学生が苦戦していたのはアームホール。

自分の感覚が頼りになることと、定規を使い方が難しいそうです。

講師も実際に学生が着ていた服を使って、より細かく説明していました。

 

 

こういった基本の積み重ねが個人の作品へと繋がって行きます!

どういった作品ができるか楽しみです。

 

 

またレポートします!

OPENCAMPUS情報

入試情報

制服紹介

スケートボード&デザイン専攻

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加