ファッション科でモデル・ウォーキング・レッスン!?【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.02.13東京

こんにちは。

 

ファッション科1年生の授業を覗いてみると、

モデル・ウォーキング・レッスンをしていましたので紹介します。

 

 

 

 

ファッションデザイナーやスタイリスト、プレスなどを目指すコースの学生がなぜ??

 

 

 

バンタンデザイン研究所 高等部では、

高校1年生と2年生が1年間の授業成果を発表する場として、

「修了制作展示会」を実施しています。

【昨年度のショーの様子】

 

 

 

ファッション科では毎学年でファッションショーを実施しています。

高校1年生のショーでは、モデルも自分たちで実施することが条件です。

自分たちでショーのステージに上ることで表現力や積極性を養うとともに、

モデルの気持ちを知ることで、今後のプロモデルを活用した撮影やショーに活かしていきます。

 

 

 

講師はプロモデルとして活躍なさっている竹田先生。

立ち姿、歩き方、雰囲気作り、、、などさすがプロです!!

 

 

 

壁に背中をつけて姿勢を矯正します。

「骨盤の角度を意識して・・。」

「先生、筋肉がプルプルして、耐えられません。」

いかに今までの姿勢が悪かったのか分かります(笑)。

 

 

 

足の運び方のレッスン。

「女性のモデルは、膝を擦る感じで足を前に運びます。

かかとから順番に、親指の付け根と意識して前足に徐々に体重を移動します。」

 

 

 

「腕は前に振るよりも、後ろに振ると美しく見えます。」

 

 

 

「ポージングは着ているアイテムによって変化させます。

パンツの時は少し足を開いて、足のラインを見せます。

スカートの場合は、正面に足をついて少し内側に膝を入れます。」

基本的な表現だけでも技術が必要なんですね。

 

 

 

次は持参したヒールをはいてレッスンします。

 

 

 

この頃になると、恥ずかしがっていた学生も徐々に積極的になります。

これが大切なんです!!

一生懸命に恥ずかしがらずに「自己表現すること」です。

「自己表現すること」は、「自分を知ること」につながります。

そして「自分を知ること」は、「新しい物を生み出すチカラ」につながります。

 

2/27(土)28(日)の本番には、自信を持って自己表現してくれることと楽しみにしています!

 

って転ばないでね~(笑)!

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加