[高等部] 学生インタビュー『ファッション科 親子インタビュー!』【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.08.15東京

こんにちは!

高等部は卒業後に“好きな道”でプロになるため日々、専門の勉強をしています。

今日は入学から3年目までの流れを親子インタビューでレポートします^^

 

ご協力いただいたのは、ファッション科3年生の春花ちゃん(以下はるちゃん)。

福島県出身で中学卒業後に1人で上京し、埼玉で寮生活をしながら通学しています。

 

 

 

 

三者面談で東京にいらしたお母様と一緒にインタビューをさせていただきました。

 

>今年は最後の夏休みですがどのように過ごしていますか?

今年はほとんど夏休みはないです(笑)

AFCの2次審査のために毎日学校にきて製作しています。

 

春花ちゃんは、AFC(Asia Fashion Collection)というデビューイベントの1次審査を見事通過。

「東京コレクション」内のファッションショーに出るチャンスを得るためにがんばっています!

 

 

 

これは中間プレゼンの風景です。“ エビ ” と “  モノクロ ” をモチーフに形を作っています。

 

 

 

「締切が近くて大変だけれど、今できることは全部やりたいです!」とのことです☆

 

 

 

>3年生になって学校はどうですか?

2年の後半からスタイリストのアシスタントに行く機会が増えました。

広告や衣装製作やアーティストのジャケットなどいろいろな経験をさせてもらっています。

現場は緊張するけれど、少しづつ周りが見えるようになってきたと思います。

撮影現場の雰囲気やみんなでひとつのものを作っていくのはやっぱり楽しいなあと思います。

 

>現場で他に高校生っているの?

私ひとりなので、最初はビックリされるけれど(笑)、

そこに興味を持ってくださったり話のきっかけになることも多いです。

 

 

>印象に残っている現場は?

武道館ライブでのアーティストの裏方に入らせてもらったことです。

スタイリスト講師のアシスタントで行かせてもらったのですが、

ライブでしか味わえない緊張感が本当に楽しかったです!!

 

それでは福島でトータルビューティの美容室をなさっているお母様にもお聞きします。

 

>最初はるちゃんが東京で勉強したいと言ったときはどう思われましたか?

びっくりしましたし、最初は反対でした。高校卒業後に入っても遅くないのでは、

と何度も話合いをしましたが本人の意思があまりにも固く、最終的には応援しようと思いました。

 

こちらははるちゃんの入学式の写真です。あっという間の3年間だったそうです^^

 

 

 

 

>ひとりで上京されることにご心配はなかったですか?

小学校から中学までバレーボールをしていて、体力的にも精神的にもハードな練習を

乗り越えてきたのをずっと見てきましたので春花ならがんばれるだろう、と信じていました。

 

 

入学して初めてのプレゼン風景。ここからたくさん作品を作って3年生になりました。

 

 

 

1年生の時のミシンの授業。いまではイメージしたものを形にできるスピードが上がりました。

 

 

 

 

>はるちゃんにとって、お母様はどんな存在?

私にとってお母さんが1番の理解者です。嬉しいときは一緒に喜んでくれるし、

悔しいときやつらいときはいつも励ましてくれたから3年間過ごせたんだと思います。

 

>お母様ははるちゃんにどうなってほしいですか?

学んだことを活かして、自分の好きな仕事で輝いてほしいです。

 

>はるちゃんに伝えたいことはありますか?

いつも本人にも言っているのですが、周りの方に感謝できる人になってほしいです。

大勢の方に支えてもらっている、ということを忘れないでほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>はるちゃん、将来はどうなりたいですか?

レディスのスタイリストとして有名になりたいです。

10年後にはすごく活躍していたいし、最終的には自分のブランドも持ちたいです!

せっかく早く勉強をはじめたんだから、早く目標に近づきたいです。

 

>目標がはっきりしてきましたね!

入学したときはイメージもあってデザイナーを目指していたけれど、バンタンの授業で

デザインやパターン、スタイングなど、いろいろなことを勉強をするうちに本当にやりたいことが見えてきました。

 

2年の春のお台場でのバーベキュー。

 

 

 

 

 

2年生の製作風景。はるちゃんの髪は福島に戻った時にお母様がカットやカラーされるそうです^^ 

 

 

 

 

>普段はどのように連絡をとっていらっしゃいますか?

入学してからずっと毎日、時間を決めて電話をしています。

毎日の出来事を話してくれるので、いつも近くにいるような感じで安心でした。

 

こちらは2年の夏に出場した「ファッション甲子園」の決勝での写真です。

 

 

 

 

お母様が福島から青森まで応援に来てくださいました。

優勝を逃して悔しがっているはるちゃんをお母様が励ましていらっしゃったのが印象的です。

 

 

 

 

 

 

2年のニューヨーク研修。パーソンズ大学への研修や生地屋ツアーにいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての海外で見る風景がどれも新鮮だったそうです。

 

 

 

 

この3年間、美術館や展示会にもいろいろ行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

2年の3月に行った修了展の風景。オリジナルブランドを作り、3体完成させました。

 

 

 

 

 

 

 

この3年間、いろいろな経験をしてきましたね!

 

 

 

 

 

 

 

3年の6月に行った「富岡製糸場ツアー」。クラスメイトとも3年目の付き合いです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

>はるちゃん、最後にメッセージがあればお願いします

 

勉強していくうちに、自分はやっぱりファッションが好きだなあと思います。

そんな好きなことを思い切り勉強させてもらえることに感謝しています。

将来は親孝行できるようにもっともっとがんばります!

 

はるちゃん、お母様ご協力ありがとうございました。

残りの学校生活、悔いのないようにここのままがんばっていきましょう!

みんな応援しています☆☆☆☆☆

 

 

またレポートします!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加