【第1弾】夢のスタートラインに立った内定者インタビュー!!【バンタンデザイン研究所 高校blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.03.01東京

こんにちは。

 

バンタン高等部は、3年間で高校卒業資格取得すると同時に、

専門学校同等レベルの知識・技術を身につけて、

就職を目指す学校です。

 

2期目の卒業生となる今年の卒業生も素晴らしい就職実績を残してくれています!!

 

まず、ファッション科とヘアメイク科の内定者の中から1名ずつ紹介をします。

 

 

ファッション科3年 三谷舞花さん

 

 

 

三谷さんは私立の普通高校に1年間通学していましたが、

早くファッション業界に進みたいと、バンタンに転入しました。

 

 

 

マクドナルドでアルバイトをしながら、

高校卒業資格を取得しバンタンのクリエイティブ授業を頑張った3年間でした。

 

2年生の時に行ったNYへの修学旅行が一番の思い出とのこと。

 

 

 

「世界ってこんなに自由なんだと視野が広がった!」

「繊細なことも大事だけど気にしすぎないで楽観的になりたいな、と思った。」

 

 

 

大手アパレルに絞って積極的に就職活動を進めてきた三谷さん。

1800億円の売上を誇るTSIグループの

株式会社サンエー・ビーディーに正社員として内定をいただきました。

将来はPRの仕事に携わりたいとの夢を実現するために、

社内でのキャリアアップを目標に頑張ります。

 

 

 

【なぜ、この会社を選んだの?】

好きなブランドがあったため興味を持ちはじめ、

バンタンで実施された会社説明会で人事の方の人柄が良かったので第一志望としました。

また、バンタンの講師の方がこの会社の役員をなさってたこともあり、

会社内の様子や雰囲気も自分にあっていると感じました。

 

【バンタンの高等部で学んでよかったと思うことは?】

プロの方が講師をしているので社会に出る前に業界を知ることができ、

心構えができたことは大きな安心感でした。

 

【後輩に一言】

とにかく明るく、人に優しく、自分の気持ちを見つめなおすこと。

このような気持ちを信じて頑張ると、きっと目指す業界の一人になれると思います。

 

 

 

 

 

ヘアメイク科3年 小澤れいさん

 

 

 

横須賀から2時間の通学時間を3年間通い続けた小澤さん。

 

「PEEK-A-BOOの川島文夫さんの元で働きたい」と強い意志を持って就職活動を続けました。

 

 

 

・・・・・

結果、4月から「PEEK-A-BOO」の正社員に内定。

 

「ここからがスタート。」と内定時の感想。

 

 

 

自分の夢を目標に変えて、実現に向けて努力を惜しまない18歳。

すごいクリエイターになると思います。

 

※PEEK-A-BOO

ロンドンのヴィダルサスーンで活躍した代表 川島文夫氏が展開する超有名美容室。

青山・表参道・銀座など都心に8店舗を展開する。

 

 

【将来の夢は?】

目標がいくつかあります。

1つ目は、愛される人になること。

2つ目は、相手が求めている以上のものを提供できる人になること。

3つ目は、アレキサンダー・マックイーンのヘアを担当すること。

 

 

 

【バンタンで良かったことは?】

素敵な講師に出会えたこと。技術面でも精神面でもたくさんのことを学びました。

本当に入学してよかったなと思います。

 

【後輩に一言】

まだまだ先の話だから、、と言って放置しないで、

少しずつでいいから将来のことを考えていたほうが良いと思います。

頑張ってください!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10代でクリエイターのスタートラインに立った2人。

奇しくも2人とも「他人から愛される人になりたい」と答えてくれました。

 

 

 

クリエイターは、世の中の人を「Happy(=幸せ)」にする素晴らしい仕事です。

他人を「Happy(=幸せ)」にする仕事を通じて、「たくさん愛される人」になれるはずです。

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加