[高等部] 授業レポート 『デザイン事務所見学』【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.07.13東京

バンタン高等部で授業を教えてくださるのは、業界で活躍するプロの方です。

最新の技術や流行などをまじえながら、いつも授業を行なっています。

今日は放課後に講師が経営する代官山にあるデザイン事務所の見学に行きました!

いつもは『ドローイング』という授業でデザイン画を描いたり、

テキスタイル(素材)やファッションビジネスの仕組みを教わっている先生です。

 

まずは洋服が出来上がるまでの過程をデザイン画や仕様書という資料を元に説明してもらいました。

 

生地の選び方もたくさんのサンプルを実際に触らせてもらいながら教えてもらいます。

 

 

9月にパリでルームウエア系のデビューコレクションも控えているとのことで、

 

フランスの生地や面白い糸、ボタンやリボンのサンプルなどもたくさん見せてもらいました!

「みんなの感性をカタチにするためにいろんなものを見て、技術や知識を身につけることが大切なんだよ」と

先生もおっしゃています。

 

その後も機織り(はたおり)機も体験させてもらったり、展示会に出す洋服を見せてもらいました!

 

「たくさんの生地サンプルが見れて楽しかった!」

「デザイン画がどんな風に商品になっていくのかが分かって勉強になった!」などと学生にとっても充実した時間になりました。

 

 

先生、ありがとうございました!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加