【東京校】今年のテーマは「drink」! 第12回全日本ヘアメイク選手権に挑む、高校生に密着!
【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.07.14東京

今年も、第12回全日本ヘアメイク選手権が開催されます。

ヘアメイク選手権では、2007年にスタートしたヘア・メイクアップ技術のコンペティションで、テーマに沿ったヘアメイクを中心にトータルデザインが求められます。

 

今回は、本選に向けて作品を制作している高等部生の様子を特別レポートします!

 

さっそく、撮影現場に向かうと……プロカメラマンさんによるシューティングが始まっていました!

180702_045.jpg

 

今回、撮影に臨むのはバンタンデザイン研究所高等部ヘアメイク科2年生。

スタジオでは、ヘッドピースを直したり、メイクのお直しをしたりと、最終チェックに余念がありません。

 

 

今年度のテーマは、「drink」で、作品タイトルに現存する飲み物の名称をつけることが求められています。

一体、学生たちはどんなテーマを設定したのでしょうか?

 

本田さん「テーマは、いちごみるく。可愛さとポップさを表現したい」

最初はクリームソーダにしていたそうですが、紆余曲折がありテーマそのものを思い切って変えることに!

180702_021.jpg

 

 

ミルクティーをテーマにしたという坂井さん。

「ヘアは、ミルクティーのなめらかな感じ、軽い雰囲気を出したかったのでふんわりとまとめました」

また、難しいのは作品作りだけではないそうで……

坂井さん「準備期間が短かったので、自分のやりたいことが思うようにまとまらないことも。撮影経験も少ないので、テンパることが多いです(笑)今日は、ふたり一組になって、仕込みやモデルさんのメイクオフなどをしています」と、周りの進行も見ながらテキパキと動いていました。

180702_080.jpg

 

「味が分かりやすいドリンクよりも、分かりにくいドリンクが良かった」と話すのは植木さん。

選んだのは、炭酸飲料・ドクターペッパー。

「メイクは、歯ブラシで色を飛ばすだけなので簡単。でも、ヘアは、ネットを土台にしてエクステをどんどん付けていくのでかなり練習しました。昨日も寝ないで練習しています」

参加したいと思ったキッカケは、昨年度のコンテンストでLOCONDO賞を受賞した先輩の神山さんが制作した作品だそうです。

「高校生でも、こんなことができるんだ!と刺激を受けました。

高校生というだけで、なんとなく下に見られていると感じることもあるので、大人を見返してやりたいです!」と力を込めます。

180702_003.jpg

 

また、船木さんも、先輩のアシスタントを経験して参加を決めたひとり。

「間近で見て、すごく刺激を受けました。もともと、ヘアメイクに苦手意識がありましたが作品のレベルを上げたいと思って出場します。テーマについては、早い段階から調べていたので、自分の中ではイメージが形になっていました」と、にっこり。

「コットンキャンディーソーダ」をイメージした、ふわふわでカラフルなヘアが特徴。

同じ「水」というテーマを設定しながらも、堀さんはエビアンをイメージして白を基調に制作しています。

180702_137.jpg

 

児島さんはスライムやラメを組み合わせるなど、表現方法にも個性が出ました。

180702_171.jpg

 

 

そんな中、メイク室で、黙々と日本髪を結っていたのが星野さん。

でも、ただの日本髪ではありません。よく見ると……なんと髪の毛がPVC!

星野さん「プールバックの持ち手などに使われる素材です。イメージは『抹茶』で、目元にもグリーンを使っています。もともと、抹茶が大好きで抹茶以外は考えられなかったので、テーマは一貫しています」

180702_065.jpg

 

工作が得意、というのも納得。星野さんが撮影スタジオに移動すると……神山さんの姿が!

「今日は、ただの見学者です」と、笑いながらも、ヘアを直してあげていて、後輩たちをしっかりとフォロー。

星野さんの作品を見て「パーツだけで見ると、ダンゴムシみたいだけど(笑)あのヘア、スゴいですね!」と褒めていましたよ!

180702_013.jpg

 

撮影では、学生も、背景になる「バック紙」を選んだり、モデルさんのポージングでイメージに合うものを追求したり……

高校生とは思えないほど、本格的なシューティングを行いました。

 

今回の応募作品から、予選を通過したものだけが本選へと駒を進めることになります。

果たして、誰が出場するのでしょうか?

高等部生たちの活躍に、期待が高まります!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加