【東京校】授業レポート
バンタンの高校生が、他校の授業をワクワク体験!「多分野ワークショップ」その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.07.04東京

高等学院4校の学生が体験する「多分野ワークショップ」。

次に訪れたのはレコールバンタンです。

 

作っているのは、ショートケーキです!

2-1.jpg

 

訪れたときは、生地をこねている真っ最中!

普段、ケーキなんかつくったことがないという

バンタンデザイン研究所の学生。

生地をこねている途中で、先輩が薄力粉を加えていくのですが、

「急ぎ目でお願いします!」という先輩の指示に、

「ムリムリムリムリ~!!」と言いながら、

必死でボールとヘラを動かします。

 

2-2.jpg

 

ちなみに各テーブルで手伝ってくれているのは、

レコールバンタンの高校生の先輩たちです!

 

女子の参加者かが多いなか、

バンタンデザイン研究所の男子学生もいました。

「ケーキが食べられるから、毎回この授業にしてます!」とのこと。

それもアリですよね!

 

さて、できあがった生地はオーブンへ。

焼き上がるまでの間は講師の先生が、

生クリームの塗り方や、飾り付けのデモンストレーションを行います。

 

2-3.jpg

 

2cmずつの高さにスポンジを切り、

切り落とした部分は…なんとみんなに配ってくれました!

 

さて、講師の先生が回転台にスポンジを乗せ、パレットナイフで

生クリームを塗っていくのですが、その手際の早さはビックリ。

これに自分たちもあとで挑戦するので、食い入るように見ています。

 

作ったケーキはお持ち帰りとなります。

ある学生は、

「単身赴任のお父さんが明日帰ってくるので、食べさせたい」

とのこと。

お父さん思いの優しさに、こちらもほっこりしちゃいました。

 

最後に訪れたのは、バンタンゲームアカデミー

こちらでは2つの授業にもおじゃましました。

 

防音設備の整った一室で行われていたのは、

声優の授業です。

 

普段はゲームづくりやデザインを専門で学んでいる学生が

声の演技に挑戦です。

 

練習中のシーンは、

郵便配達員が、友だちの家に手紙を届けに来たところ。

その手紙は恋人からのもので、

友だちが「会わせてやるよ」と自慢するのを、

郵便配達員が面倒臭がっているというシチュエーションです。

そのキャラクターの性格を、いろいろ変えて試していました。

 

郵便配達員を非リアの役にしてみたり、

自慢する友だちをおもいっきり暗い性格にしてみたり。

そのあまりの暗さに、聞いていた学生から、

「会わせたい恋人って、この世にいないんじゃない?」と大爆笑。

 

2-4.jpg

 

講師もノリノリで、みんなの演技を見て、

「普段、専門で勉強している学生とは違う

間のとり方や表現があって、おもしろい!」

と話していました。

 

ゲームやデザインなど、つくるものは違っても、

表現するという点では共通。

みんなも楽しんでいるようでした。

 

もう一つの授業は、マンガの授業です。

こちらは、マンガを本書きする前の

コマ割りやセリフなどを描いた「ネーム」を

作成するワークショップです。

 

A「今朝何してた?」

B「走ってた」

A「そうなんだ」

B「そうなんだよ」

 

このセリフのシーンをネームにします。

みんなのネームを講師が読み解きながら、

さらにその場でブラッシュアップしていきます!

 

2-5.jpg

 

このセリフですが、

誰が、いつ、どこで、どんなシチュエーションで、

というのは、みんなの自由です。

 

そのため同じセリフなのにストーリーはさまざま。

彼のスマホを見て、浮気を問い詰める作品、

何気ない父娘の日常会話を描いた作品など、

みんなの想像力の豊かさにびっくりです。

 

描いているキャラクターは、

のほほんとした感じなのですが、

実は今朝お父さんが病院で亡くなったことを

知らない子どもが母親に尋ねるという

ストーリーに仕上げた学生も。

 

「キャラとストーリーのギャップに、なんとも味がある」と講師。

学生は、子どもに「今朝何してたの?」と聞かれた母親の

病院での回想シーンを、丁寧に1コマ1コマ描いていたのですが、

「ここは、フラッシュバック的に、

印象的なシーンを組み合わせたほうが、

読者の想像を掻き立てるから」と講師が手直し。

ストーリーがさらに印象的になりました。

 

この作品をつくったのは、ゲームが専門の学生。

普段マンガを描いたことはなく、初めての挑戦でした。

「カットを省略するっていうアドバイスが

勉強になりました」と、新たな発見があったようです。

ゲームもストーリーや演出が大切なので、

生きてくるかもしれませんね。

 

さまざまな授業が行われた「多分野ワークショップ」。

楽しみアリ、発見アリの一日となりました。

視野も広がったかな? みなさん、お疲れ様でした!

 

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加