【第3弾】夢のスタートラインに立った内定者インタビュー!!【バンタンデザイン研究所 高校blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.03.11東京

こんにちは。

 

まだまだ続きます。

2期目の卒業生の内定報告第3弾です!

 

好きなコトだからこそ高校3年間続けられ、

好きなコトだからこそ一生懸命になれ、

実現できる素晴らしい実績です。

 

ヘアメイク科3年 松本萌里さん

 

 

松本さんが内定をいただいたサロンは「HAIR RESORT Ai」というサロンを

都内で3店舗展開する株式会社ラ・リューンドゥース。

4月から正社員として入社します。

 

 

 

【志望の動機は?】

スタッフのみなさんが明るく、気さくで、お店の雰囲気がとても好きだったこと。

提案しているスタイルが好きで自分の好みにあっていたので、

ここのスタイリストさんのもとで働きたいと思いました。

 

【採用をいただいた時の気持ちは?】

どうしても入社したい!!と思っていたので、すごく嬉しい気持ちと、

内定をいただいたことでより「素晴らしい美容師になりたい」と強く思うようになりました。

 

【バンタンで学んで良かったことは?】

一つ目はあいさつを身につけられたことです。

あいさつができるようになって、友人や親からも印象が変わったと言われます。

また、ヘアメイクをしっかり学べたことも良かったと思います。

カットができるようになるまで、ヘアメイクとして仕事もできるからです。

あと、在学中に「ヘアメイクサロン」でアルバイトをしていました。

 

授業で学んだことを、アルバイト先で活かしながら練習をしてレベルアップできたと思います。

 

 

 

・・・・・・

 

美容室は日本中で23万店舗があると言われています。

コンビニですら5万店舗ですので、美容室の数の多さに驚かされます。

それほど、日本の津々浦々で必要な職業です。

 

逆に言うと、美容室同士の競争が激しいビジネスでもあります。

バンタンデザイン研究所 高等部で身につけた美容師としての「国家資格」に加えて、

「メイク」「ヘア」「ネイル」の技術、そして何よりもお客様に喜んでもらいたいという気持ちで、

ヘアメイクやネイルサービスのできる「スーパー・ヘアスタイリスト」を目指してください!

 

 

ファッション科3年 澤田 結衣さん

 

 

澤田さんが正社員で内定をいただいた企業は株式会社サンエー・ビーディーです。

グループ売上1800億円(国内第7位!)を誇る

アパレル大手の「TSIホールディング」のグループ会社です。

「ナチュラル ビューティー ベーシック」

「ジル バイ ジル スチュアート」

「フリーズ マート」などの人気ブランドを展開するアパレルです。

 

 

 

【志望動機は?】

「ジル バイ ジル スチュアート」が好きで販売から頑張って行こうと思い志望しました。

 

【学生時代はどのような生活?】

通学時間は1時間ほどでクラスの中で「遠くもなく近くもない」感じです。

毎日の通学電車は大変でしたが、おしゃれな人をたくさん観察でき勉強になったと思います。

なにより、これからの通勤練習になったと思います。

アルバイトは美容室の受付をしていました。

接客の仕事の経験を積むことができたと思います。

 

 

【面接は?】

すっごく緊張しました!

周りのクラスの友だちもアパレルを目指しているので、情報をもらったりしていました。

緊張した中でしたが、

バンタンで学んだことや伝えたい事を一生懸命話せたことが良かったと思います。

 

 

 

【採用の連絡があった時は?】

本当に嬉しかった。

そして「高校生でも頑張れば大丈夫なんだ!」

「仕事に一生懸命向かって行こう!」と思いました。

すぐに母親にメールしてすごく喜んでくれたことで少しは親孝行ができたと思います。

 

 

・・・・・・・・・

今後も洋服をインターネットで購入する人が増え続けていきます。

そのような中、お店で洋服を購入する「理由」が問われる時代になります。

販売員とのコミュニケーション、ショップ空間で過ごす時間、手にとった洋服の感触、、、

今まで以上の体験がお店には求められます。

スタイリングやデザイン、洋服の構造、ビジネス、eコマースなどの

専門的な授業がきっと活かされることと思います。

新しい時代のアパレルショップを生み出して行ってください!

 

・・・・・・・・

 

今年の第2期卒業生も美容・ヘアメイク・ファッション業界へ驚きの就職実績を残しています。

中学時代に不登校経験や成績が良くなかった生徒でも、

この3年間で信じられない成長を遂げてくれました。

「あこがれ」を「主体的に学び取るチカラ」に変えられたからこの成果をだせたのです。

プロクリエイターのスタートラインに立った卒業生たちにエールを!!

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加