[高等部] イベントレポート 『ニューヨーク研修(MoMA編)』 【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.10東京

高等部のニューヨーク研修旅行2日目はデザイン研修の日。

 

午前中は地下鉄に乗って、MoMA(モマ)にやってきました!

 

 

MoMA とは「The Museum of Modern Art」の略で、日本語では“ニューヨーク近代美術館”。

セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンといった有名な絵画だけでなく、建築、グラフィック、映像など

約15万点の展示があり、世界中の人から親しまれている近・現代美術専門の美術館なのです。

 

 

入館後は、まず音声ガイドを装着。これがあれば気になる作品の解説が日本語で聞くことができます!

 

 

ワクワクしながら入ると次々と有名な画家の絵が展示されています。

「あっ!教科書で見たことあるかも~!」と近づく学生。

 

 

ポップアートで有名なアンディ・ウォーホル作「キャンベルのスープ缶」。

 

 

ゴッホの代表作品「The Starry Night(星月夜)」。

 

 

 

 

アンリ・マティス作「Dance」。音声ガイドで説明を聞きながら理解を深めます。

しかも自由に写真撮影ができるのがMoMAのすごいところ!

 

 

気になる作品を次々にカメラにおさめていきます。

 

 

続いて、モネ作「睡蓮」。壁一面に広がる作品です。

 

 

こちらもゴッホの有名作品 「鏡の前の少女」。

 

 

そして、それぞれの階ごとに面白い作品がたくさん。中庭も彫刻に触ったりと見どころ満載です!

その後は1Fにあるショップ(MoMAデザインストア)へ。

 

 

デザインが面白い雑貨や本、インテリアなどに触れ、おみやげも購入しました☆

楽しくアートに触れた貴重な時間になりました^^ 午後はパーソンズ大学に移動します!

 

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加