[高等部] イベントレポート 『ニューヨーク研修(パーソンズ大学 編)』 【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.11.11東京

高等部ニューヨーク研修旅行レポート、2日目午後は

パーソンズ大学(Parsons The New school for Design)での研修です。

 

 

パーソンズ大学はファッション・インテリア・グラフィックなどデザインを学ぶ名門大学で、世界的に有名な

デザイナーも卒業生が多く、最近だとマーク・ジェイコブス、アナ・スイ、トム・フォードなどもそうです。

バンタンはアジアで唯一の提携校(単位互換)で今回学生を受け入れていただきました!

 

 

 

 

まずは校舎ツアースタート!

 

 

学生の作品を見たり実際の授業を見せていただきます。

 

 

授業見学の途中で、バンタンインターナショナルプログラム卒業生で、現在パーソンズ在校生の方にも

偶然お会いしましたがとても楽しそうに勉強されていました!

 

そして全員でワークショップに参加。スペースも可愛くデコレーションしてあります☆

 

 

「NY×東京」をテーマの作品づくりということで、何が始まるのかドキドキしながら教授から話を聞き、

モデル班とイラスト班の2組に分かれます。

 

 

 

 

 

校舎の1Fのガラス窓に厚めのセロファンを貼り、建物の外にいるモデル班は目の前でポーズをとります。

 

イラスト班はガラスの内側から「とにかく好きなように!」とアドバイスされ自由にデッサンしていきます。

 

顔のアップ、全身、デフォルメしたものなどたくさんたくさん描いていきます。

 

 

終わったら交代、という流れを何度も繰り返しながら10メートルのセロファンを絵で埋め尽くしていきます。

 

 

 

「何をやっているんだろう?」と、道行く人たちも立ち止まり、そのままモデル参加!

 

 

気づけば多くの方がイラストに登場していました!

 

 

 

 

 

 

その後は色をつけたり東京から持ってきた写真をコラージュしたと手を加え、大きな作品を完成させました!

 

 

 

 

ワークショップの後は個人作品を教授たちに見ていただく時間です。

 

 

 

 

持参した撮影写真や衣装を見てもらいながら貴重なアドバイスをいただいていました!

 

 

「パーソンズの中はオシャレで自由な雰囲気でカッコよかった~!」

「ニューヨークの人はフレンドリーでモデルになってくれたり話しかけてくれて楽しかった!」

と、学生たちは緊張しながらもとても楽しかったようです^^

 

 

ニューヨークで新しい経験や知識をどんどん増やしながら3日目の5番街&SOHOツアーに続きます☆

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加