[高等部] イベントレポート『ファッション甲子園準備編』【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.09.03東京

この夏、高等部の学生が青森で開催された「ファッション甲子園2013」に出場しました。

今年で13回目の開催になる、ファッションに関する高校生の全国大会です。

 

もともとは学校課題として2年生のファッション科が1人1作品応募したところ

「モノクロ」という作品が最終審査に残り、初参加することになりました。

なんと3,118点の応募から選ばれた35作品という高倍率です!!

 

 

青森の文化センターで開催される最終審査では、応募したデザイン画をもとに

製作した衣装をモデルに着せて、ショー形式で発表します。

高等部の学生もそれに向けて夏休みからチーム結成をして始動スタート!

デザイン画を制作したデザイナーを中心にヘアメイク、モデルの3人が今回のメンバーです。

 

 

デザイナーの学生は市松模様や水玉柄を立体的に表現することが今回のポイント。

市販のプリントされた柄を使用するのではなく、

イチから生地を加工するために、何度も何度も試作を続けます。

 

 

 

 

ヘアメイクの学生は衣装が引き立つように、まずはヘアメイクのデザイン画を作成。

 

 

時には、いつも授業を受けているパリコレのヘアメイクもされてきた講師に

アドバイスをもらいながら制作しました。なかなか表現がうまくいかないときは、

「自分のやりたいようにするのが1番!」と背中を押してもらいました。

 

 

 

 

 

そして今回モデルを務めるのが、ファッション科1年の学生。

初モデル経験のため、ウォーキングやポージングの練習を重ねました。

 

 

いろいろな壁にぶつかりながら、ようやく完成&残すところは本番!

みんなの意気込みを聞いてみました。

【デザイナー】

何度もやり直してくじけそうになりましたがみんなのアドバイスや励ましのおかげで

完成させることができました。せっかくの機会なので本番は楽しみたいです!

【ヘアメイク】

今回のテーマに合うように工夫しました。ヘアウイッグをカットしたり
リップのデザインが難しかったですが形になってきました。

【モデル】

先輩たちにモデルに選んでいただいて嬉しいです!

初めての経験なので緊張しますががんばります!

 

 

そして日本経済新聞にみんなの様子を掲載していただきました!

 

 

 

では、いざ青森へ!!

結果は後編でご紹介します^^

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加