[高等部] 学生インタビュー『寮生活の学生にインタビュー!vol.2 ファッション科「綾香ちゃん」』【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.08.07東京

こんにちは!

 

寮生活の学生レポート第2弾です!☆第1弾はこちらです☆

今回ご協力いただいたのは、ファッション科2年の綾香ちゃんです。
 

 

茨城県出身で、1年生の時は自宅から約2時間かけて通学していましたが、

環境を変えて学校に集中するために今年から寮生活をしています。

 

 

 

彼女の寮も、前回のりえちゃんと同じ駅にありますが、

部屋の中にユニットバス(お風呂・トイレ)がついているタイプです。

食堂以外はすべて個別なので、一人暮らしとほとんど変わらないです☆

 

~綾香ちゃんにインタビューしました~

「今年から一人暮らしを始めたけれどどう?」

>一人暮らしに近いけれどご飯がついてくるので快適です!

ご飯もおいしいしバランスも良いので食べ過ぎちゃいます(笑)

 

 

ユニットバスつきなので便利です^^

 

「寮は住みやすい?」

>元々ベッドも机もついていたからすぐに住み慣れました!

 

 

「進撃の巨人」と「ポケモン」が部屋にあふれています(笑)

 

ファッション科は教科書の種類やテキストも多いです!

 

 

 

 

 

「もう生活は慣れた?」

>実家の時は毎日お母さんが起こしてくれていたのでいまだに1人で起きられません。。

時々寝坊してしまうので、自分で起きれるようになることが課題です(笑)

 

「寮ではどんな風に過ごしているの?」

>課題があるときは遅くまでがんばっています!

 

 

これは現在製作中のもので “デニムで女性の魅力を最大限に引き出す"をテーマに製作しています。

 

 

背景をリサーチしてBOOKにまとめたり生地の加工を漂白剤を使ってたくさん実験しました!

今後も使えそうな資料が作れるのでやりがいがあります!

 

6月にあった中間プレゼンでの講師アドバイスをもとに、ブラッシュアップしていきます。

 

 

絵の具でデザイン画に色をつけました。デニムを表現するのが難しかったそうです!

 

 

 

 

「授業はどう?」

>できることが増えてきて楽しいです。洋服の構造がわかってきて面白いと思えるようになってきました。

 

 

 

 

「最近楽しかったことは?」

>沖縄スクーリングも楽しかったし、イベントでいろんな場所にいくのが好きです!

 

 

 

「1年の時と比べてどう?」

>1年の後半にお休みが続いた時期がありました。

あの時はいろいろ不安になって、勝手に“自分はできない”と思い込んだり悩んでいました。

ただ、いつもお母さんや友達が近くで見守ってくれたから乗り越えられたし、今思うと、無駄な時間じゃなかったと思います。

 

 

 

「1人で住んでみてよかった?」

>1人で洗濯や掃除をしてみて、家族のありがたみがすごく分かりました。

まだ起きられないけれど(笑)強くなってきたと思います。

 

「将来の夢は?」

>またはっきり決まっていないけれどスタイリストかデザイン系に進みたいです。

 

「最後にメッセージをお願いします」

>好きなことを勉強していても、つらいことも大変なこともあります。

でも周りの人が支えてくれるし、今しかないから、失敗してもやれることをチャレンジしてほしいと思います!

私もがんばります!

 

 

 

綾香ちゃんご協力ありがとうございました!

この先も悩みは出てくると思うけれど、みんなで乗り越えていろいろな経験をしていきましょうね!

またレポートします^^

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加