【大阪校】内定者インタビュー ファッション科 堀内 風太くん【バンタンデザイン研究所 高校 blog(ブログ)】

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.09.13大阪

バンタンデザイン研究所高等部の3年生は自分の目指す業界への就職活動真っ只中!

憧れの業界への就職内定が決定した学生にインタビューしました。

 

 

今回インタビューしたのは、

スタイリストSHOHEIさんのアシスタントとして内定が決定した

ファッション科3年生の堀内 風太(ほりうち ふうた)くんです。

DSC_3756.JPG

 

スタイリストSHOHEIさんは歌手のSuperflyや

雑誌VOGUEなどのスタイリングを手掛け、

世界で活躍されています。

 

 

 

Q.まずスタイリストという職業を目指したいと思ったのはなぜでしたか?

 

A.僕は元々自信がなくて内気なやつなんですよ。笑

そんな自分が、自分のスキルや実力でどんな人でも魅力的にしてあげられる

スタイリストになりたいって思ったからです。

 

 

 

Q.SHOHEIさんのアシスタントにつきたいと思ったのはなぜですか?

 

A.バンタンの講師としてSHOHEIさんが来てくださった時に、

仕事に対してのストイックさであったり、人間として熱い方で、

魅力的でリスペクト出来る人だな、って憧れを持っていました。

その時からSHOHEIさんに認められたい、アシスタントになりたいって思っていました。

 

だけど本当にすごい方だし担任の先生にも

“簡単にはアシスタントなれないよ”って

言われていたんです。

でもその時たまたま自分のやる気を見てくれていた違う先生が

SHOHEIさんに僕の事を話してくださっていて、

3年生になった時にSHOHEIさんから「アシスタントに来ないか」

って連絡があったんです。

その日に夜行バスに乗って東京に行きました。

 

 

 

Q.内定を頂くまでに取り組んだり、努力したことはありますか?

★DSC_3843.JPG

A.撮影から、リース、出来ること

全てのアシスタント業務を行いました。

大阪、東京の現場も行きました。

 

普段僕はあまり人に頼りながら作品作りすることが多くないんですよ。

ただやっぱりプロの現場はありとあらゆる分野のその道のプロの人達が

お互いに信頼しあって仕事をされていて、

その慣れない環境の中、良い緊張感で自然と身体が動きました。

 

あのフォトグラファーのレスリー・キーさんの現場も

経験することが出来たんですよ!

感動しました!

 

 

 

Q.内定を頂いた時の率直な気持ちは?

 

A.え、僕が行って良いんかな?っていうのが正直な気持ちでした。

 

 

 

Q.バンタンは堀内くんにとってどんなところ?

CVHh5YoUsAAbaE6.jpg

A.バンタンは普通の学校みたいに縛りがない分、

学んだことを自由に表現できて、

その分やる気がなければとことん落ちてしまうし、

努力をすれば今まで見たこともない世界まで引き上げてくれます。

 

僕自身の環境の変化もあって、

撮影やスタイリングに取り組むようになってからは

プロの先生からのダメ出しをもらって、撮影にチャレンジして、褒められて

っていうのを繰り返していくようになりました。

 

そうしたら周りから撮影しようとか声を掛けてくれるようになって。

 

ここに来て自分の人生が180°変わりました。

どん底にも落ちて、上まで引き上げてくれた、

僕のターニングポイントといえる場所です。

 

 

 

Q.印象に残っている授業は?

 

A.今日もその授業なんですけど、デザイナーの東丸先生の授業です。

とにかくファッションへの向き合い方が凄い。尊敬しています。

 

 

 

Q.将来の目標は?

★DSC_3782.JPG

A.まずはSHOHEIさんに認めてもらう人間になること。

もっとその先はフォトグラファーのレスリー・キーみたいに

自身の雑誌を出して、ファッション界を大きく動かす存在になりたい。

 

 

 

Q.これから業界を目指す後輩の皆さんへメッセージをお願いします。

★DSC_3796.JPG

A.きっと色んな障壁もあるだろうけど、

自分のやりたいことをとことん極めれば

周りの人は認めてくれます。

 

もちろん自分のやりたいこと、好きな事を続けていくのは

苦しいことも沢山あります。

 

そんな時に這い上がるって

気持ちが大切です。

 

気持ち一つで世界は変えられます。

頑張ってください!

 

 

 

苦しいことにも立ち向かってきたからこそ

自分の目標や強い夢を話してくれた堀内くん。

 

これからがとても楽しみですね、

応援しています!

素敵なお話ありがとうございました★

次の記事を見る

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加